blog index

アゼガミ・カイロプラクティック治療室のブログ

ソフトなカイロプラクティックと東洋医学、酸素カプセル。(埼玉県さいたま市浦和)
手のしびれ−頚肩腕症候群・頚椎症・ストレートネック
JUGEMテーマ:健康

手のしびれの原因はいくつか考えられますが、もしも ろれつが回らない・物をふいに落としてしまう・両手で同じ動きができない・・・などの症状があるときは、中枢性(脳梗塞や脳出血などの脳の病気)の可能性があるので、直ちに病院へ行く必要があります。

中枢性のものでない場合には、
・頚椎ヘルニア(首のヘルニア)や
・ストレートネック(首の湾曲がなくなって真直ぐになっている)や
・頚椎症(首の骨や椎間板が変形)
などが疑われます。

首の骨の間から出ている神経がそれによって圧迫されて、しびれが出てしまうのです。

また、身体の歪みによって硬くなった首の筋肉などに神経がはさまれてしびれが出ていることもあります。病院では「頚肩腕症候群」と診断されたりします。

「いずれも首が原因のようだから、首を治療すればよいのだな」

と思いますよね?

でも、なぜ首の状態が悪くなってしまったのでしょうか?「原因」は、もう一段階深いところにあるのではないでしょうか?

首は背骨の上の方の部分です。

骨盤の角度が悪いと、背骨の腰椎の部分から骨が積み重なってつながっている頚椎(首)にも影響して、本来の正しい湾曲から歪んでしまうのです。

事故などを除けば、腰に問題がなくて首に問題が出ている人は、当院の患者さんでは見たことがありません。
まず腰のヘルニアなどの問題があって、後で首にも問題が出てくる人は珍しくないです。

首の状態を良くするためには、腰から立て直していく必要があります。

「首や手の症状なのに、腰から治すのかぁ〜。」

と思うかもしれませんが、根本的に改善するなら腰からキチンと治していくことが必要です。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


なぜ、座る姿勢が大切なのですか?
JUGEMテーマ:健康

Q.ホームページに、「座る姿勢に気をつけることが重要」 とかいてありますが、なぜ座る姿勢が大切なのですか?


A.キチンと座ってているよりもリラックスして座っている方が、気分的には 「ラクだ」 と感じていると思います。

しかし、ソファに座ったり、イスに腰を丸くしてダラーッと座ることは、実は腰の関節にとっては「ラク」なことではないのです。むしろ、「負担がかかって」ツライことなのです。

腰の骨がタテによい位置関係で並んでいる状態が、もっとも負担がかかりにくいです。

腰を丸くして骨盤が後ろに倒れた形の座り方は、本来のタテに骨がつみ重なる位置関係が崩れた状態なので、腰の関節に負担がかかってしまうのです。

腰痛やひざ痛、肩こりなどの不調には、姿勢の問題が大きく関わっています。

姿勢の問題は、長年の生活習慣から来ることが殆どです。立ち方、座り方、身体の使い方のクセが姿勢を悪くしています。

中でも、座っている姿勢が悪いと、その骨の位置関係は立っている状態にも影響してきます。

また、立ち働いているときは同じ姿勢を続けることはそう長くはできませんが、座っていると同じ姿勢を続けることができてしまうので、姿勢が悪ければ負担も大きくなります。

座る時には、姿勢に気をつけましょう。

座り方については、こちらをご参考ください。→「正しい座り姿勢がギプスになる」


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業







原因がわからない・診断がつかない
JUGEMテーマ:健康

世の中には、〇〇病とはっきり病名のつくわかりやすい病気もありますが、これといった診断のつかない体調不良というのもたくさんあります。

例えば、どこどこが痛い、だるい、頭痛がする・・など、症状があるので病院にいっても、
・診断名がつかない
・原因がわからない
ということは珍しくなく、そうすると心療内科や精神科を紹介され、
「・・・ストレスが原因かもしれません。薬を飲んで様子をみましょう」
となることも多いようです。

自分の症状が何のせいだかわからない、というのは不安ですし、先が見えないのも苦しいものです。そのせいで不眠や気分の落ち込みが始まる人もいます。

ストレスが関係しない症状などないので、心療内科で「精神」の負担を減らすことは間違いではないでしょう。

しかし、もしも他に“主な原因”があるとしたら、それを取り除くことが先決ではないでしょうか?

東洋医学では、健康を損なう原因を、
1.精神・・・ストレスにより影響をうける
2.食物・・・嗜好により偏りが生じる
3.姿勢・・・二本足で立っていることによる問題
の3つに分類しています。

人間が二本足で立っていることによる「姿勢」の問題に、現代医療ではあまり注目することがありません。

しかし、東洋医学では鍼灸・按摩が、アメリカではカイロプラクティックやオステオパシーがこれに注目し矯正してきました。

人間の足は地面に突き刺さっているわけではないので、二本足でいつもバランスをとりながら立ったり歩いたり仕事をしたりしています。

骨格の歪みがあったり身体の使い方のクセ等によってバランスが崩れると、倒れてしまわないように筋肉を緊張させて身体を支えようとします。

その状態が慢性化すると、筋肉の過緊張は神経を圧迫したり、筋肉を硬くして循環障害を生み出し、痛みや様々な不調を引き起こします。

現代医療では「原因不明」で「診断がつかない」としても、その他の代替医療 (=現代の西洋医学以外の医学・医療のこと。補完医療とも言われる) の視点でみてみれば、原因がはっきり見えてくることもあるのです。


*ソフトな整体と東洋医学で無理なく矯正
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
産後の腰痛〜骨盤が元に戻らない
JUGEMテーマ:健康

出産後、それをきっかけに腰の調子が良くなる人と、悪くなる人がいるようです。

赤ちゃんを妊娠・出産するために骨盤は開いていき、出産後はそれがだんだんと元に戻っていきます。

出産後 体調がよくなる人は、もともとズレていた骨盤が出産を機に、ラッキーにも元の良い位置に戻ったと考えられます。

逆に、悪くなってしまった人は出産で骨盤がズレてしまったり、開いた骨盤が戻りきっていないのだと思われます。

昔から出産前後は腹帯などを締めて骨盤をメンテナンスしていたわけですが、最近はそういったことを軽視する傾向もあるのでしょうか。

骨盤が戻りきらなかったりズレたりしていると、

・腰がいたい 下半身に力が入らない
・踏ん張りが利かないので、歩きにくい
・結果的にへんな所に力が入るのでコリで循環が悪くなり、足がむくんだり冷える 

などの症状が出ます。

出産後の乳児の面倒 (だっこ、床に座ってオシメをかえる等) の負担も大きく、腰が反り返ったり姿勢が崩れたりして腰痛を発症することもあります。

お母さんの体調が悪いと子育ても大変です。
思いあたる症状のある方は、一度 骨盤のチェックをされることをオススメします。

*ソフトな整体と東洋医学で無理なく骨盤矯正
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
顎関節症と肩こり
JUGEMテーマ:健康

最近は あごの痛み−顎関節症で当院に見える方が増えてきたように思います。

ひざ痛や腰痛などに比べると、比較的 若い人も多いような印象です。

あご痛のある人が、同時に肩こりなどの症状をあわせもっていることはよくあることです。

インターネットで「顎関節症」と検索すると、

「顎関節症が肩こりをひどくする」 あるいは、
「肩こりが顎関節症をひどくする」

といったような、どちらかがどちらかの原因である・・・というような表現をよく目にしますが、私はどちらかといえば、

「顎関節症と肩こりの原因が同じなので、症状が一緒に出ている」

ととらえるべきだと考えています。

アゴは腰を土台とした身体の上に乗っかっていますから、当然 身体の歪みの影響を受けます。

姿勢の歪みなど骨格構造が傾いていると、身体が倒れないように筋肉を緊張させて支えなければならないため、慢性的な筋肉の緊張が起こります。

この筋肉の緊張が肩こりなどの“こり”を引き起こしたり、くいしばりや歯ぎしりを起こすことが考えられます。

また、例えば骨盤が左右どちらかにズレていると、バランスをとるために頭の位置が反対側に傾き、頭が傾いている側のアゴは噛み込みが強くなります。

肩こりだけでなく、アゴがズレた感じや顎関節周辺がこった感じ等も、姿勢など骨格の歪みから来ていると考えることができると思います。

あごの痛みや肩こりなどの症状のある方は、姿勢に問題がないか、チェックされることをおすすめします。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
妊婦の腰痛
JUGEMテーマ:健康

妊娠中に具合が悪くなると、やたらと薬が飲めないので厄介です。

しかし、妊娠中に腰痛になってしまう人は結構多いようで、以前 治療した妊婦さんのかかっている助産婦さんに「治療を見学させてほしい」と頼まれたことがあります。

もともと姿勢の悪さなどの腰痛の原因を持っている人は、妊娠して下腹が重たくなることで負荷が増して腰痛が発症しやすくなってしまうのです。

例えば 腰の反りが強い人はそれが強調された形になり、腰への負担が大きくなります。

妊娠前は痛みを発するまでには至らなかったものも、負荷が増えて状態が悪くなれば痛みを発症します。

カイロプラクティックや鍼での治療は薬を使わず、また当院はソフトで日常生活以上の負荷はかからない施術なので、妊婦さんにも受けていただいています。

ですが、できるならば妊娠中に腰痛を出さないように、あらかじめ腰の状態のチェックをしておくのがベターです。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
姿勢が悪いと転びやすい
JUGEMテーマ:健康

姿勢が傾いていたり問題のある人は、転びやすくなります。

本来の正しい重心線から 重心が外にズレてしまうので、バランスが悪く不安定になってしまうのです。

また、骨に上手く体重が乗せられないので 体を支えるために変に力が入っていて、そのせいでバランスを崩した時にとっさに反応して体制を立て直すことができません。−結果として転びやすくなります。

年をとれば それに伴い姿勢の問題は増していくと考えてください。

ピサの斜塔も年々傾いていましたよね。真直ぐなものは真直ぐなままいられますが、傾き始めたものを途中で止めておくことは難しいのです。傾きは徐々に増していきます。

高齢になってからの転倒は、骨折も起こしやすく日常生活に支障をきたす大事になりがちです。

いくつになっても健康で過ごすためのカギは「姿勢」にあるといっても過言ではありません。


姿勢は「食物」「精神」と並ぶ健康の三要素のひとつ。

猫背や肩の高さが左右で違う・・・など、姿勢が気になる方は、ぜひ一度チェックされることをおすすめします。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
感覚から先に治っていく
JUGEMテーマ:健康

治療を始めると、自覚症状がはっきりしてくることがあります。
好転反応の一つであり、悪いことではありません。

症状が慢性化している場合は、感覚神経が麻痺したり鈍っているため、本来感じるべき自覚症状をキチンと感じていない場合があるからです。

治療をして良くなっていく過程で、慢性化して感覚が鈍化して感じなくなっていた痛みを感じるようになったり、あるいはシビレのような感覚が出ることもあります。

たとえば、長く正座をしていて足がシビレたとき、すこし治りかけて感覚が戻るときに ビリビリと よりいっそう足がツラく感じたりしますよね。

シビレきって感覚が無くなっているときよりも、治りかけて血行も回復してきたときの方が余計ビリビリと感じてしまうわけです。

状態が改善していく段階では、まず感覚が正常化するので神経が現状を感じて認識するため、「治りかけたときの方が自覚症状がはっきりする」 ということなのです。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市の整体 アゼガミ・カイロプラクティック
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
身体の痛み・・・線維筋痛症を考える
JUGEMテーマ:健康

「線維筋痛症」とは、全身の広い範囲にわたって痛みを感じる病気です。

ある人は手足が痛かったり、またある人は背中や腰、臀部が痛かったり、頭痛や口の中が痛くなることもあります。また痛い場所が日によって変わったりと、人によって様々です。

原因はよくわかっておらず、何らかの免疫異常が関係しているのではと考えられています。リウマチや膠原病などと併発することもあります。

実際に「線維筋痛症の疑いがある」と病院で言われた患者さんに度々お会いしますが、原因が不明であることもあり、診断がなかなかつきにくいし、お医者さんにもよくわからない・・・ということが多いのが現実だと思います。

「痛み」を伴う疾患は線維筋痛症以外にも色々あります。腰痛やひざ痛、慢性頭痛、五十肩、腱鞘炎・・・ その他、肩や背中がコリ過ぎて痛い、腕や足の筋などの痛みが長く続くという人もいます。

そういった症状のある人の多くに姿勢の問題が存在し、その問題を改善することで症状が軽快することが多いです。

人間は二本足で立って歩く生き物です。足は地面に突き刺さっているわけではないので、常にバランスをとりながら身体を支えて立っています。

骨格の並びのよい姿勢であれば、骨に上手く体重を乗せてバランスをとって体を支えることができます。しかし、姿勢に問題があって身体が傾いていると、身体の色々なところの筋肉を緊張させて補強して身体を支えなければならなくなります。

この筋肉の慢性的な緊張は、血行障害や神経圧迫を引き起こすので、機能障害や痛みを生み出します。

線維筋痛症が疑われている症状についても、この姿勢の問題が関連している場合が少なからずあるのではないかと考えています。

「ウィルス→発熱→○○病」というような原因と結果がわかりやすい病気ではないので、「線維筋痛症が疑われる」場合の原因はおそらく一つではなく、色々なケースがあるのだろうと思います。

東洋医学では「姿勢」は健康の3要素の一つとされています。

「気血の流れ」とよく言いますが、姿勢に問題のない体は身体の隅々まで滞りなく気血が流れ免疫や自然治癒力も正常に近づきます。姿勢を整えることは健康に近づくための重要な要素なのです。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 
048-834-7477
埼玉の整体・アゼガミ治療室
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業
暖かい季節なのに冷える
JUGEMテーマ:健康

最近はもう大分暖かい・・・というか暑い日もある気候ですが、この時期でも「冷え」を感じている患者さんがいます。

手先・足先がひえたり、お腹が冷えたり・・・と様々ですが、冷えているところにはコリや緊張があることが多く、その筋肉の緊張が血流を阻害するために冷えるのです。
とくに、身体の表面からは触れない深いところにある筋肉に緊張があって、冷えていることが多いようです。

では、なぜ筋肉が緊張してしまうのか?

ストレスなどの精神的なものからくる緊張もあると思いますが、「姿勢」が関係していることが多いです。

人間は骨格がきれいに正しく並んでいれば、上手くバランスがとれるので骨格に体重をあずけて立つことができます。

しかし、骨格の並びが悪いと−つまり姿勢に問題があると−そのままではバランスを取ることができないため、筋肉等を緊張させて固めて補強をして身体を支えようとします。

悪い姿勢を補うために、「筋肉の緊張」が生まれてしまうわけです。

この姿勢の問題が解決されれば、「筋肉の緊張」は必要なくなり、徐々に消えていきます。

血行が良くなり、冷えも改善されてゆきます。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
アゼガミカイロプラクティック治療室
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業

bolg index このページの先頭へ