blog index

アゼガミ・カイロプラクティック治療室のブログ

ソフトなカイロプラクティックと東洋医学、酸素カプセル。(埼玉県さいたま市浦和)
<< フラフラして、まっすぐ歩けない | main | ストレスにも2種類ある >>
腱鞘炎がなかなか治らない


「腱鞘炎がなかなか治らない
「手や腕の痛みが慢性化して長引いている
「手や腕に力が入らず、字を書いたり台所仕事ができない

病院に行って腱鞘炎・ばね指・テニス肘などと診断され治療は始められたけれど、なかなか良くならず長引いて困っている、
という方が時々来院されます。

この「なかなか治らない・長引く」ということには、体のバランスが関係していることが多いのです。

たとえば、骨盤が後傾(骨盤が後ろに傾いている・腰が丸くなっている)していると、そのままならバランスがとれずに後ろにひっくり返ってしまいます。

ではどうするか?

ひっくり返らないように、無意識に 上半身(頭や肩・腕)を前に出して固定してバランスをとるのです。

「前へならえ」を長くやるのに似ています。長時間やり続けるわけですから、腕は疲れて固く緊張してシビレが出ることもあります。固くなった筋肉で血行も阻害されますし神経圧迫されることもあるからです。

元々 手や腕に痛みやシビレがでやすい問題を抱えているので、仕事やスポーツなどで手や腕に負担がかかれば腱鞘炎などになりやすいですし、また治りにくいのです。

改善するには、体のバランス・姿勢の問題から見直していく必要があります。


 

*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学・鍼灸で姿勢を改善

~//おかげ様で27年! 経験豊富な院長の施術//~

 

予約・問合せ 048-834-7477
さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業

 

*自律神経失調症の専門サイト/Yahoo、Googleで上位表示中!

知っておこう!自律神経失調症













 


bolg index このページの先頭へ