blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< 姿勢が悪いと転びやすい | main | 顎関節症と肩こり >>
妊婦の腰痛

JUGEMテーマ:健康

妊娠中に具合が悪くなると、やたらと薬が飲めないので厄介です。

しかし、妊娠中に腰痛になってしまう人は結構多いようで、以前 治療した妊婦さんのかかっている助産婦さんに「治療を見学させてほしい」と頼まれたことがあります。

もともと姿勢の悪さなどの腰痛の原因を持っている人は、妊娠して下腹が重たくなることで負荷が増して腰痛が発症しやすくなってしまうのです。

例えば 腰の反りが強い人はそれが強調された形になり、腰への負担が大きくなります。

妊娠前は痛みを発するまでには至らなかったものも、負荷が増えて状態が悪くなれば痛みを発症します。

カイロプラクティックや鍼での治療は薬を使わず、また当院はソフトで日常生活以上の負荷はかからない施術なので、妊婦さんにも受けていただいています。

ですが、できるならば妊娠中に腰痛を出さないように、あらかじめ腰の状態のチェックをしておくのがベターです。

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ