blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< 正しい座り姿勢がギプスになる | main | 身体の痛み・・・線維筋痛症を考える >>
暖かい季節なのに冷える

JUGEMテーマ:健康

最近はもう大分暖かい・・・というか暑い日もある気候ですが、この時期でも「冷え」を感じている患者さんがいます。

手先・足先がひえたり、お腹が冷えたり・・・と様々ですが、冷えているところにはコリや緊張があることが多く、その筋肉の緊張が血流を阻害するために冷えるのです。
とくに、身体の表面からは触れない深いところにある筋肉に緊張があって、冷えていることが多いようです。

では、なぜ筋肉が緊張してしまうのか?

ストレスなどの精神的なものからくる緊張もあると思いますが、「姿勢」が関係していることが多いです。

人間は骨格がきれいに正しく並んでいれば、上手くバランスがとれるので骨格に体重をあずけて立つことができます。

しかし、骨格の並びが悪いと−つまり姿勢に問題があると−そのままではバランスを取ることができないため、筋肉等を緊張させて固めて補強をして身体を支えようとします。

悪い姿勢を補うために、「筋肉の緊張」が生まれてしまうわけです。

この姿勢の問題が解決されれば、「筋肉の緊張」は必要なくなり、徐々に消えていきます。

血行が良くなり、冷えも改善されてゆきます。

 

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ