blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< 座ることの負担 | main | 肩が痛い、あがらない−五十肩 >>
骨はとっても丈夫

JUGEMテーマ:健康

腰痛のある人は、 「腰回りや背中の筋肉を鍛えて腰を支えよう」 と考える人は多いと思います。

しかし、筋肉よりも 「骨」 に上手く体重を乗っけることを まずは考えた方が良いのです。

なぜなら、「骨はとっても丈夫」 だからです。
骨は、筋肉等のように 疲れたり 傷んだりしにくく、かなりの重さを支えられる強度を持っています。

例えば、短い 丸太ん棒を二本 タテに重ねるとき、二本とも真っ直ぐ素直に重ねれば 手で支えなくても勝手に立っていますよね。

でも、丸太をナナメに傾いた状態で重ねようとしたら、手で押さえていなければバランスがとれないので倒れてしまう。

丸太が 真っ直ぐ素直にタテに重なって 勝手に立っている・・・ 

丸太が骨と思ってください。 このようなバランスで 骨に体重を乗っけて立てれば、関節や椎間板や筋肉等にあまり負担をかけなくて済むのです。 腰の負担も少なくできます。

逆に、骨に体重を乗っけられない姿勢の人は、関節や椎間板や筋肉に たくさん負担をかけることになるので、傷みやすく疲れも起きやすいということになります。

骨の位置関係がキレイに並んでいれば体重を上手く乗せられます。

体重を骨で支えられる姿勢 が重要なポイントなのです。

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ