blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< 冷え と のぼせ はワンセット | main | 骨はとっても丈夫 >>
座ることの負担


楽な姿勢・・・ というと、腰を丸めて椅子の背もたれに もたれかかって座ったり、ソファに沈みこむように座る姿勢を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか?

しかし、その姿勢は 必ずしも腰や関節にとってはラクな姿勢ではないのです。

座ったり 中腰になったり、自動車を運転したりする姿勢は、腰椎の構造には向いていません。

ですから、長時間 座っていたり、自動車を運転したりすると、腰への負担が増えて立っている時の姿勢にも悪影響を及ぼします。

どうしても座らなければならない時は、座面の平らな固いイスに 「骨盤を立てて」 座ることが望ましいです。

坐骨 (座ったときに座面にゴリゴリ当たる左右の骨) に乗るようなつもりで座ります。

骨盤をコロンと後ろに寝かして 腰を丸くして座るのは やめましょう。 

立っている時も座っている時も、本来の背骨のS字カーブを保って、骨にうまく体重を乗せた姿勢でいることが大切です。 腰の関節などにかかる負担が最低限ですみます。

悪い座り姿勢や柔らかいソファ、長時間の乗り物等は腰に負担がかかるので、腰の悪い人は出来るだけ避けるのが賢明。

まだ腰痛になっていない人も、予防の意味で習慣にするとよいでしょう。

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ