blog index

アゼガミ・カイロプラクティック治療室のブログ

ソフトなカイロプラクティックと東洋医学、酸素カプセル。(埼玉県さいたま市浦和)
<< 身体が治っていくときの痛み | main | 股関節痛も負担をかけない姿勢がポイント >>
「力が抜けない」 理由
JUGEMテーマ:健康
 
ゴルフのショットなどで つい力んでしまったり、

スポーツなどをしていて、先生に、

「もっと 力を抜いて」

と言われるけれど、なかなか力が抜けなくて・・・・ ということはありませんか?

それは、「力を抜きたくても抜けない理由」 があるからからもしれません。

骨格が歪んでいると、うまく骨に体重を乗せて支えられないため、どうしても筋肉を緊張させて− つまり、「力を入れて」 体を支えることになります。

もしも 力を抜いてしまったら、バランスを崩して立っていられなくなってしまいます。

ですから 力を抜きたくても抜くことはできない・・・

好きで力を入れているわけではなく、「力を抜いたら立っていられない」 から抜けないのです。

力を抜くべきときに力が抜けて、力を発揮するときには発揮できる・・・

そういう身体でありたいものです。

そのためには、骨格の並びが良く うまく骨に体重を乗せて体重を支えられる身体であることが必要なのです。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
アゼガミカイロプラクティック治療室
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ