blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< “傾いて”いることの自覚 | main | あおむけに寝ると 腰が痛い >>
身体の歪みも一種のストレス
JUGEMテーマ:健康


人間は骨格が本来の正しい位置に並んでいれば、骨に体重をのせてラクに体を支えることができる、という話は何度かしています。

骨は丈夫で、筋肉や靭帯などのように疲れたり傷んだりしないので、「骨に上手く体重を乗せる」のがベストなわけです。

そうすれば、筋肉などが頑張って身体を支える必要はないので、身体はリラックスすることができます。

活動する時は、運動などに身体能力を注力できるのでパフォーマンスがよくなり、
休息する時は、しっかりリラックスして休むことができるのです。


では、身体が傾いたり骨格が歪んでいたらどうなるでしょう?

骨に体重を上手くのせられないため、筋肉などが緊張して身体を支えようとします。

立っているだけ、座っているだけでも、筋肉は身体を支えるためいつも緊張していなければならなくなります。

一日の大半を緊張し働き続ける・・・ 大変な負荷、 “ストレス” なのです。

しかし、この状況は昨日今日始まったものではなく、長年の習慣やクセから徐々になっていったものなので、 「自分の身体が緊張している」 という自覚はないことがほとんどです。

とても “自覚されにくいストレス” です。

この筋肉の過緊張は、筋肉の硬化や血行不良からコリや痛みを引き起こし、また筋肉の緊張がとれなくなれば不眠などにもつながります。

何だかわからないけれど、コリがとれない、痛みがある、眠っているはずなのに疲れがとれない・・・

という方は、姿勢に問題はないか、確認してみられるとよいと思います。


 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ