blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< お腹が痛くて電車に乗れない | main | “傾いて”いることの自覚 >>
骨格のバランスで立てるカラダになろう

JUGEMテーマ:健康

人間は骨格が本来の正しい位置に並んでいれば、骨に体重をのせてラクに体を支えることができます。

“骨”はとても丈夫です。筋肉などのように、疲れたり傷んだりはしにくいのです。

しかし、姿勢が悪くて骨格がズレたり歪んだりしていると、体重を骨に上手く乗っけて体を支えることができません。

では、どうするか?

体が傾いてひっくり返らないように、筋肉を緊張させて固定して、体を支えようとするのです。

筋肉や靭帯などに負担をかけて体を支えることになるわけです。

筋肉は、いつも緊張していなければならないので、疲れますし、コリや痛みを引き起こします。

本来ならスポーツなどに使えるはずの能力が体を支えることに使われてしまうので、パフォーマンスも悪くなります。

また、いつもコッた筋肉は循環障害を起こしているので、様々な障害にもつながっていきます。

骨格の位置関係が良く、骨で体重が支えられるということは、すなわち 「カラダに余計な負担がかからない」 ということ。

疲れにくく、また関節や椎間板なども傷みにくいので、関節痛なども起きにくく、長く快適に使うことができます。 自律神経の働きも整えられるので体調全体を良く保てます。

骨格のバランスで立てていますか? 体調やスポーツコンディショニングが気になっている方は、是非一度チェックしてみることをおすすめします。

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ