blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< 不眠、眠りが浅い、寝た気がしない | main | 腱鞘炎がなかなか治らない >>
フラフラして、まっすぐ歩けない
JUGEMテーマ:健康


「ふらふらして、まっすぐ歩けない
「足がふらついて、物につかまらないと歩けない ・・・

こういう症状で「病院で検査したが異常がなくて」と来院される方がいらっしゃいます。高齢の方とは限らず、20-30代や小中学生もいます。

上半身の重さは背骨を通って一番下の背骨「仙骨」に伝わり、両側から骨盤ではさんで受け止めて、脚に伝わって支えられます。

それが、骨盤の角度が悪かったり、腰のこの関節が甘くなってぐらぐらしていると、体重を支えられないので安定が悪くなります。
田んぼの中を歩いているように不安定になり、うまく歩くことができなくなるのです。

また、この状態が続くと体のバランスをとっている三半規管も疲れてくるので、めまいや吐き気がしたり頭痛がしたりすることもあります。

もともと姿勢や座り方などの生活習慣が悪くてなることなので、首や腰がはったり、痛みのある人もいます。

姿勢は皆さんが考えているよりずっと健康にかかわっています。
不調でお悩みの方は一度チェックされることをおすすめします。

 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ