blog index

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室のブログ

さいたま市浦和で28年、経験豊富で安全な鍼灸・整体を行う治療院です。症状などを東洋医学の視点から解説しています。
<< なぜ、座る姿勢が大切なのですか? | main | 酸素カプセル回数券がお安くなりました >>
手のしびれ−頚肩腕症候群・頚椎症・ストレートネック

JUGEMテーマ:健康

手のしびれの原因はいくつか考えられますが、もしも ろれつが回らない・物をふいに落としてしまう・両手で同じ動きができない・・・などの症状があるときは、中枢性(脳梗塞や脳出血などの脳の病気)の可能性があるので、直ちに病院へ行く必要があります。

中枢性のものでない場合には、
・頚椎ヘルニア(首のヘルニア)や
・ストレートネック(首の湾曲がなくなって真直ぐになっている)や
・頚椎症(首の骨や椎間板が変形)
などが疑われます。

首の骨の間から出ている神経がそれによって圧迫されて、しびれが出てしまうのです。

また、身体の歪みによって硬くなった首の筋肉などに神経がはさまれてしびれが出ていることもあります。病院では「頚肩腕症候群」と診断されたりします。

「いずれも首が原因のようだから、首を治療すればよいのだな」

と思いますよね?

でも、なぜ首の状態が悪くなってしまったのでしょうか?「原因」は、もう一段階深いところにあるのではないでしょうか?

首は背骨の上の方の部分です。

骨盤の角度が悪いと、背骨の腰椎の部分から骨が積み重なってつながっている頚椎(首)にも影響して、本来の正しい湾曲から歪んでしまうのです。

事故などを除けば、腰に問題がなくて首に問題が出ている人は、当院の患者さんでは見たことがありません。
まず腰のヘルニアなどの問題があって、後で首にも問題が出てくる人は珍しくないです。

首の状態を良くするためには、腰から立て直していく必要があります。

「首や手の症状なのに、腰から治すのかぁ〜。」

と思うかもしれませんが、根本的に改善するなら腰からキチンと治していくことが必要です。
 

 

さいたま市浦和の鍼灸整体・アゼガミ治療室

〒330-0062 さいたま市浦和区仲町1丁目2-9 エグチビル5F
TEL:048-834-7477
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業


bolg index このページの先頭へ