blog index

アゼガミ・カイロプラクティック治療室のブログ

ソフトなカイロプラクティックと東洋医学、酸素カプセル。(埼玉県さいたま市浦和)
ひざ痛は、老化のせい?
JUGEMテーマ:健康

中高年になると、ひざ痛が出てくる人が多くなります。

病院にいくと 「ひざの軟骨が減っていますね 「・・・老化のせいですね・・・

と言われ、

「老化だから仕方がない」

と思う方が多いようです。

でも、同年代や年配の人でも ひざが痛くならない人もいる。それを「老化のせい」と片付けてよいのでしょうか?

「老化」以外の要素が関係している と考える方が 自然なのではないでしょうか。

ひざ痛の患者さんの場合、骨盤と大腿骨(太ももの骨)の関係や 腰椎などに問題があることが多くみられます。

それがO脚などをまねいて、ひざ関節に負担がかかりやすくなるので、軟骨が早くすりへったり変形したりして痛くなるのです。

本来の良い角度で骨どうしが重なっていれば負担は最低限で済むので、ひざの軟骨は減りにくいです。

しかし、骨と骨の当たる角度が悪かったり不安定だと余計な負担がかかるので、軟骨が減りやすかったり傷つきやすくなるのです。

もし、関節の角度をよい状態に保てるように改善できれば、関節や軟骨に余計な負担がかからなくなり関節は痛みにくくなり、ひざの痛みも軽快することが期待できます。

関節に負担をかけずに使えるように、腰や姿勢全体からチェックし見直すことが必要です。


*ソフトなカイロプラクティックと東洋医学で姿勢を改善
予約・問合せ 048-834-7477
アゼガミカイロプラクティック治療室
10:00〜22:00 日休 ※祭日は変則営業

bolg index このページの先頭へ